スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

今日のジャンプ

今日もジャンプする練習をした。
しかしまあ・・・膝が少し痛いのと夏休みの災害の傷跡が残っているのとで俺としたことが僅かな恐怖を・・・

これではいけないので恐怖を振りらいジャンプ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・着地が上手くできるようになった。
あとはスケートボードをしっかりと操れるようにしないと動かしている時にジャンプしたときにとんでもない方向に進んでいってしまうことになる。

結論:これからも派手に頑張る

スポンサーサイト

2006.08.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 練習

一生分の運・・・か?

足を踏まれたりバッグがぶつかって壁に弾き飛ばされたりスキーヤー、スノーボーダーの神風アタックを食らうと・・・
加害者は大抵美人のお姉さん。
バイクで腕をざっくりと斬られてしまった時もあったけどその時は
「いいよ、お姉ちゃん綺麗だから」
で済ませてみた。
しかしその後の展開はないうえに全治2ヶ月、流血しながら帰宅。


下のサイト、ブログの技術を上げるのに役立ちさらにネタに困らないばかりか報酬までもらえます。





2006.08.27 | | Comments(0) | Trackback(1) | 企画

確実な成功への一冊

ちょっと考えてみてください。
「投資ライフスタイルBOOK」でとてもゆとりのある生活を送ってみませんか?

他のどの投資ノウハウ本よりも貴重な投資ライフスタイルBOOKは
大手証券会社の元支店長が公開する点においてはまさに世界唯一の投資ノウハウ本になりうるでしょう。
執筆者の桑田研二氏のプロフィールがとても素晴らしいのでその感想を書かせていただきますと以下の点か特に印象的でした。
人生で最も多感な青年期にお金、人間といった難しい問題に取り巻かれその後社会人生活が決定付けられたのでしょうか。
高収入で安定した職場である証券会社に入社後はがむしゃらに働く姿。
支店長に就任後も努力を重ねナンバー1に。
しかし現場でしっかりと働き上り詰めていく桑田氏に本部との意見の食い違いがあったのでしょうか、結果的に優秀な人材を「辞表提出」ということで失うことになってしまいます。
この現在自分がすべきこと、出来ることに真剣に取り組む姿は見習うべきではないでしょうか。

この数々の激戦を乗り越えてきた桑田氏だからこそ書く事のできる投資ライフスタイルBOOK、確実な成功への一冊です。
『エッ!大手証券会社元支店長がここまで教えてくれちゃうの!?』
『エッ!大手証券会社元支店長がここまで教えてくれちゃうの!?』

2006.08.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

今日から学校

学校に行ってきた。
そういえば小学校の頃・・・夏休みが終わる日を知らなくて
勝手に5日間夏休みを増やしてしまっていたことがあった。
つまりは夏休み明けの5日間を休んでいたわけだな。
んで5日遅れての登校・・・
気になる反応は・・・・・?

先生:宿題やってなかったんだろ?
俺:!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

5日も余計に休んだのに宿題は終わっていなかった。






2006.08.22 | | Comments(5) | Trackback(0) | 練習

今日あった色々なこと

今日も懲りずにオーリーの練習をしてみた。
結果:ちょい高く飛べるように!!

でも着地がまだまだ・・・そして走行中のジャンプは着地どころか墜落。
まだまだ練習が必要みたい。

ところで北海道の美しい自然の写真を購入してみようかなと思う。



ここから購入してくれた人一人に付き100円を自然保護運動に使うことにします。

2006.08.18 | | Comments(1) | Trackback(0) | 練習

今日の色々

今日はスケートボードに乗り遠くへお出かけ。
・・・前回は警察に捕獲されてしまったため住宅地だけで使用。
向かった先はスーパーマーケット。
アイスを買ってきた。しかし雨で寒くまだ冷凍庫の中。
やはり1キロをノーミスで走行は難しい












2006.08.12 | | Comments(8) | Trackback(0) | 練習

テスト





無料の遊園地♪

2006.08.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 練習

第88回「捨てたいけど捨てられない」

捨てられないもの・・・

というか・・単に捨てるのが面倒と言う理由で部屋の片隅に放置されているものが殆ど。

2006.08.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 練習

今日のニュース

http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2283956/detail?rd
「日本のせいでアジアには多くの“めぐみさん”がいる」
 韓明淑(ハン・ミョンスク)首相は3日、ソウル政府総合庁舎で行われた日本経済新聞との単独インタビューを行った。


 韓首相は横田めぐみさんをはじめとする北朝鮮による日本人拉致問題について、「日本の関心と努力を十分に理解している。アジアには今でも(従軍慰安婦など)過去の日本の行為によって本人の意志とは関係なく強制的に動員された数多くの“めぐみさん”がいる」と話したと、日本経済新聞は報じた。


チョン・シヘン記者


朝鮮日報


さてと、余りいい頭をしていない俺だが。
朝鮮日報が相当でたらめな記事を書いていることには気がつく。
>>(従軍慰安婦など)
従軍慰安婦の制度は全くのでたらめなのだがな。
よくある日突然軍服を着た人に無理やり連れて行かれて従軍慰安婦にされた。
と、いう最悪の環境だったと信じられているけどこの辺は全部嘘なのだ。
民間人を無理やり従軍慰安婦として連れて行く、というのは大日本帝国の軍法に照らし合わせると紛れも無い軍法違反であり軍法会議にかけられる。

しかもな、こういった体験を泣きながら語る自称元従軍慰安婦のご婦人方の話をよく聞いているといくつもおかしい点があることに気がつく。
例えば連れて行かれたと証言した場所、さらにその時の年齢を聞き西暦を割り出すと・・・?
なんとそこはまだオランダ軍が占領していた時期であった。
つまり慰安婦として連れて行くことはおろか日本軍がいない時期であるわけだ。
とか、連れて行かれた時の年齢を聞くとなんと戦争が終わった後に連れて行かれたという計算になってしまう。
というとんでもない嘘がばれてしまうのである。

強制連行についてもかなりの嘘がある。
日本は確かに強制連行を行ったがその数は2000人。
2000万人ではない、2千人である。

ところでアジアにはたくさんのめぐみさんがいる。
つまり日本はアジアからたくさんの人を違法に連れ去ったと言う表現であるが・・?
嘘をついて従軍慰安婦被害を訴えている人たちは朝鮮、中国
強制連行は朝鮮。
「アジア」という表現でまとめるのはおかしいのである。

こういった嘘をそのまま、それどころかあたかも真実であったかのように報道するマスコミは日本にも存在する。
例えばTBS,そして朝日新聞。

気をつけなければならない。



2006.08.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 練習

パソコンに振り回されない生活を

いつでも自分のパソコンにアクセスすることができ特定のパソコンにふりまわされない生活、便利だと思いませんか?
「ネチュロ」の導入でいつでも自分のパソコンにアクセスできるようになります。

必要な時に特定のパソコンが使えないと時としてとても困ることがあります。
例えばこんなことがありました。
学校のパソコンで課題となっている文章を製作していた時のことです。
急に自宅のパソコンに保存してある情報が必要になりました。
と、いうのも家庭科の課題で「自分が考える自分に最も適したメニュー」を詳しい栄養成分付きで製作しなさいと言うもので昨日自宅で調べた後保存しフラッシュメモリに入れて学校に持参したのですが
なんと学校のパソコンは旧式のものでフラッシュメモリが使えなかったのです。
また、後で気がついたのですが必要な情報はフラッシュメモリに入れたもの以外にもいくつかありました。
結局時間内に課題は完成せず居残りと言うことになってしまいました。
このときは居残りとして集合する時間までに自宅に戻りファイルをフロッピーディスクに入れて学校に戻ったのでかろうじて居残りはすぐに終わりましたが
断ってから自宅に一度戻るべきでしたが「居残りに遅刻するのはどうかと思います!!」と怒られる始末。

こんな時にもし自宅のパソコンに学校からアクセスでき、必要な情報を得ることが出来れば状況はだいぶ変わっていたことでしょう。

その他にも重いノートパソコンをいつでも持ち歩いている人、データを置き忘れて外出してしまった人、データを入れたフラッシュメモリをなくしてしまったなど特定のパソコンが無かったために困ってしまう人というのは多いかと思われます。
ですが「ネチュロ」はパソコンに振り回されるライフスタイルを一新しました。
つまりインターねとに繋げる環境があればどのパソコンからでも自分のパソコンにアクセスし、必要なデータを取り出すことが出来るのです。
もう情報が無かったために課題が終わらないと言うことはありません。
もうデータのために重いパソコンを持ち運ぶ必要はありません
データを忘れて困ることも、フラッシュメモリを無くさないかどうか心配になることもありません。
これまでは「データ」の入ったパソコンに人が合わせる時代でした。
これからは「人」が必要な時に近くにあるパソコンを使って「データ」を持ってくる時代です。
リモートコントロール
試用期間でその便利さを実感しましょう。
15日間の試用期間が与えられています。さらにこの15日の無料体験期間に正式版を購入すると通常1年間の使用が3ヶ月延長されての利用が出来るようになります。
このキャンペーンは10/31日までです。
ネチュロを導入しパソコンに振り回されない生活を始めましょう。
リモートコントロール

2006.08.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。