スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

年賀状の季節到来

まずはこれまでに貰った色々な変な年賀状を

・盛大にはがきを6枚も使用した巨大年賀はがき
元旦、郵便受けから一枚の年賀はがきを取り出すと・・・
水色の綺麗な色鉛筆での模様、そして「う」、そして上のほうには黒い曲線が飛び出ているはがきを。
これはなんだ・・・・?
年賀状なのか・・・?
他にもそんな感じのはがきが5枚、パズルのような感覚で6枚を繋ぎ合わせると雪がかかった山に晴れ渡った空、そして虹が描かれている上に大きく「あけましておめでとう」の文字が。

・ん?なぜそこをまちがえる?
「あけましておめでとう」・・・いや、よく見ると
「あけましておぬでとう」

・携帯でも誤字が
メールで年賀状を送ってきたお友達
「新年空けましておめでとう」
新年が空っぽになったような気分に・・・

とにかくたくさんの変わった年賀状も、そうでない年賀状も貰いました。
でも一番嬉しかったのは・・・
自分の将来に悲観してとてつもなくどん底に落ち込んでいた頃。
当然年賀状を書く気力すらなく新年の初詣にも行く気もせず
大晦日の年越しそばも食べず、という気力の最後の一滴までなくなっていたような状態。
しかし一通の年賀状に救われました。
「あけましておめでとう」とも「謹賀新年」とも、とにかく新年の挨拶文は一切無くはがき一枚に俺を励ます文章を隅から隅まで書いて送ってくれたのです。

さて、その年賀状。
眞鍋の年賀状講座で今年はこれまでと違った年賀状を送って見ませんか?
このサイトは筆まめのキャンペーンサイトです。
たとえば「年賀状マナー講座」では
年賀状の基本チェックから始まり宛名や文面デザイン、投函の時期も。
そして喪中の欠礼のはがきの書き方もしっかり載っています。
他にも年賀状で失敗した場合の対処方法や賀詞の正しい使い方なども詳しく載っているのでとても参考になるかと思います。
かんたん!安心!「眞鍋の年賀状講座」

かんたん!安心!「眞鍋の年賀状講座」

スポンサーサイト

2006.12.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。